【2019→2020】ソムリエ教本変更点まとめ【アメリカ -中編-】

こんにちは!
マルです。

本記事では、2019年と2020年の教本を読み比べて見つけた変更点をまとめています。

今回は【アメリカ -中編-】です。

前回のアメリカ -前編-の記事はこちら
【2019→2020】ソムリエ教本変更点まとめ【アメリカ -前編-】

変更点や新しい記載からの出題は毎年多い傾向にありますので、ぜひチェックしてみてください。
今年ソムリエ試験を受験される方はもちろん、すでに資格を持っている方の知識のアップデートにお役立ていただければ幸いです!

  

カリフォルニア州

【変更】P293

カリフォルニア州主要ブドウ栽培面積

白ブドウ:71,263ha(-318ha)
黒ブドウ:122,711ha(+156ha)

  

地方食材と料理

【変更】P293

ナパ・ヴァレーとソノマを合わせたミシュランの星付きレストランの数
11軒→10軒(2019年)

  

ワイン生産量

【変更】P295

2018年度データ

ブドウ栽培面積:193,974ha(-162ha)
ブドウ破砕量:4,280,000t(+266,000t)
ワイン生産量:27,115,252hℓ(←2017年米財務省データ)

  

ノース・コースト

ソノマ・カウンティ

【変更】P298

栽培品種:60種以上(+10)
ワイナリー数:550以上(+150)

 

【追加】P298~
以下のAVAについての記載が追加

Northern Sonoma AVA

1990年に誕生したAVA
▶ソノマ北東の内陸部を占める山地の多いエリア
▶温暖で乾燥している→高品質のCSで知られる地域が多い
▶以下のAVAを含む
 ロシアン・リヴァー・ヴァレー
 アレキサンダー・ヴァレー
 ドライ・クリーク・ヴァレー
 ナイツ・ヴァレー
 ロックパイル

1990年代からこのエリアにカリフォルニアの最大手ワイナリー「E&Jガロ・ワイナリー」が、プレミアムレンジのエステートワイン生産拠点を置いた

     

Green Valley of Russian River Valley AVA

▶ペタルマ・ギャップの北側にある小規模なグリーン・ヴァレーにある比較的新しいAVA
▶太平洋からの影響が強く深い霧が立ち込める冷涼な気候→PNに適している

  

Chalk Hill AVA

▶ロシアン・リヴァー・ヴァレーの北東部にあるAVA
(アレキサンダー・ヴァレーとナイツ・ヴァレーの間の標高約430mの尾根を含む)
▶比較的温暖な気候
▶石灰質を含む白い火山灰土壌
▶特にシャルドネソーヴィニヨン・ブランが高品質

 

 

Rockpile AVA

▶ソノマ湖の西側からメンドシーノ・カウンティとの境界にかけての地区
▶標高580mの温暖で日照に恵まれた傾斜の畑→CSジンファンデルプティ・シラーが栽培されている

  

Sonoma Valley AVA

▶ソノマの南東部を占める広域AVA
▶東のマヤカマス山脈と西のソノマ山脈の間にあるソノマ・ヴァレーを中心にその周囲を取り囲むように以下のAVAがある
 ベネット・ヴァレー
 ソノマ・マウンテン
 ムーン・マウンテン・ディストリクト
 ロス・カーネロス

▶北部~中部にかけては太平洋からの影響がほぼない温暖で乾燥した内陸性気候(太平洋との間にソノマ山脈があるため)
▶ロス・カーネロスに近づくほど冷涼な気候

  

Bennett Valley AVA

▶ソノマ中央部からやや南に寄った内陸部に位置→適度に海からの影響有り
▶火山性の粘土質土壌と適度に温暖な気温による長いブドウ生育期→高品質なメルロが生まれる

  

Moon Mountain District AVA

▶ソノマの南端
▶マヤカマス山脈の西側斜面の畑は標高120~670mにまで達する

標高の高い畑:ジンファンデルCS
標高の低い畑:PNシャルドネ

  

Sonoma Coast AVA

▶ソノマ最大のAVAであり、多様性のある広域AVA
(太平洋岸のメンドシーノ・カウンティとの境界から南のマリン・カウンティとの境界線に沿ってサン・パブロ湾にかけてのエリアと、内陸のロシアン・リヴァー・ヴァレーのほとんどを含む)
▶特に太平洋からの影響が大きく冷涼な気候となる地区が新しいAVAとして承認されている
→グリーン・ヴァレー、フォート・ロス・シーヴュー、ペタルマ・キャップ

▶最近注目されているのはウェスト・ソノマ・コースト地区

 

 

Fort Ross-Seaview AVA

2012年1月に新設されたAVA
▶太平洋岸の北部にありウェスト・ソノマ・コーストの典型的なテロワールをもつ地区、
切り立った断崖絶壁の上のブドウ畑から長年ワインを造り続ける家族経営のワイナリー、
ハーシュ、フラワーズなどがある

  

Petaluma Gap AVA

2018年1月に新設されたAVA
▶ソノマ・コーストAVAの南部からマリン・カウンティの一部を含む
▶ペタルマ・ギャップ(峡谷)…海岸山脈が途切れている場所
→太平洋で発生する霧と冷たい海風が、ここから内陸側に流れ込み、サン・パブロ湾に向かって吹き抜ける
→この気候の特徴により、果皮が厚く凝縮度の高いブドウが得られる→PNシャルドネに適す

 

  

以上で【アメリカ -中編-】は終了です。

次記事でアメリカは最後です。頑張りましょう!わたしも頑張ります。

マル
マル
お疲れさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました