今日、なに飲む?【アルバリーニョ2018 / 安心院葡萄酒工房】

マル
マル
昨年の秋に行ってきました。
西日本ワイナリーツアーですね。
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、飲んだワインの感想を、自由にゆるーくお届けしていきます。

 

今日のワイン

アルバリーニョ2018 / 安心院葡萄酒工房

マル
マル
こちらです!

マル
マル
なんだかんだで飲む機会の多いワインですね。
2017年を飲んだときは、ゲヴュルツ!?ってくらい香りが華やかだったな~
今回はそんな印象は受けないね?
グラスに注いだとき、乳製品っぽさが強く感じとれたかな。
モーリー
モーリー
マル
マル
うん、確かに。たとえるなら…飲むヨーグルトの白桃、っぽい。
飲んでみても、酸が丸いね。
アフターに苦みもあるけど、心地の良い苦み。
モーリー
モーリー
マル
マル
アルバリーニョは酸がしっかり!なイメージのある品種だけど、
このアルバリーニョは一味違いますね。
これが大分のアルバリーニョ!ということでしょうか。
モーリー
モーリー

 

まとめ

辛口の白ワインです。
外観は淡いレモンイエロー。
輝きも清澄度も良好です。
グラスに注ぐと、ふわっとヨーグルトのような乳製品様の香り。
少し空気に触れさせると、フレッシュな白桃の香りも上がってきます。
飲み口はなめらか。
酸はしっかりありますが、質感がやわらかいので、とげとげしく感じません。
アフターにはグレープフルーツの皮のような苦みが。
全体的に「やわらか」という表現がしっくりくるワインでした。

抜栓2日目:ヨーグルト感が穏やかになり、白桃・アプリコットなどのフルーツの香りがしっかりと感じられるようになりました。
味わいは変わらずやわらか。なめらか。気が付いたらボトルが空いていました。

次のヴィンテージも楽しみです!

 

総合評価

→  3.5
少し冷やしめから飲むのがおすすめです。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・入手困難度を含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)</sp
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

 

こんな人におすすめ

▶︎辛口すぎるワインが苦手な人
▶︎大分県のワインを飲んだことがない人
▶︎やわらかいワインってどないやねんって思った人

 

詳細あれこれ

安心院葡萄酒工房について

霧の町・安心院。
時には濃い霧の上に顔を出す丘の上に工房が建っている。
アルバリーニョや小公子、甲州など多彩な栽培品種も魅力のひとつ。
ワイナリーでは、無料で工場見学・試飲が可能。

 

アルバリーニョ2018について

・参考価格:3,000円
・品種:アルバリーニョ(安心院町産) 100%
・ヴィンテージ:2018
・アルコール度数:11.5%

 

マル
マル
ごちそうさまでした!

今日のワイン&ワイナリー↓
安心院葡萄酒工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました