【ソムリエ二次対策】品種別テイスティングコメント【まとめ】

マル
マル
こんにちは!
マルです。

本記事では、ソムリエ二次試験に向けた、品種別のテイスティングコメントをまとめています。

わたしの個人的な感覚ではありますが、他品種と見分けるポイントもPOINTとして載せていますので、テイスティングの練習をする際にぜひお役立てください。

白ワイン

シャルドネ

シャルドネ テイスティングシート

出題予想生産国:フランス/アメリカ/オーストラリア/日本

 

見分けるポイント
リースリングの場合:樽の香りがしない/酸が豊富
ソーヴィニヨン・ブランの場合:樽の香りがしない/芝生やネギのような青い香り

リースリング

リースリング テイスティングシート

出題予想生産国:フランスドイツ、オーストラリア

 

見分けるポイント
ゲヴュルツトラミネールの場合:ライチの香り/酸味が穏やかで肉厚
ソーヴィニヨン・ブランの場合:芝生やネギのような青い香り

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン テイスティングシート

出題予想生産国:フランス、ニュージーランド

 

見分けるポイント
リースリングの場合:リンゴや洋ナシの黄色い果実の香り/酸がより豊富
シャルドネの場合:樽の香り/MLFにより味わいがまろやか

甲州

甲州 テイスティングシート

出題予想生産国:日本

 

見分けるポイント
シャルドネ(樽無し)の場合:要素がより豊富で複雑
ミュスカデの場合:イーストやハーブを感じやすい

赤ワイン

カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨン テイスティングシート

出題予想生産国:フランスアメリカ、オーストラリア、チリ

 

見分けるポイント
メルロの場合:タンニンが柔らか/スパイス香も穏やか
シラーの場合:黒より赤味が強い/より黒コショウ感/樽が穏やか

ピノ・ノワール

ピノ・ノワール テイスティングシート

出題予想生産国:フランスアメリカニュージーランド、オーストラリア

 

見分けるポイント
ガメイの場合:香りと味わいに甘さを感じる/酸が穏やか
マスカット・ベーリーAの場合:特徴的な綿あめ、イチゴキャンディの香り

シラー/シラーズ

シラー/シラーズ テイスティングシート

出題予想生産国:フランスオーストラリア、アメリカ

 

見分けるポイント
カベルネ・ソーヴィニヨンの場合:色調がより黒みを帯びている/タンニンがより強い
メルロの場合:スパイス香が穏やか/タンニンも柔らか

 

品種別コメントのまとめは以上です!

このコメントを作成するにあたり、参考にした書籍を別記事でまとめていますので、そちらもぜひご覧ください。
【ソムリエ二次試験】テイスティング参考書籍【まとめ】

マル
マル
二次試験対策、早めのスタートでばっちり行っていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました