今日、なに飲む?【 ピノ・ブラン2018 / 井筒ワイン 】

マル
マル
現地で購入してきたワインです。
先日の塩尻ツアーですね!
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、飲んだワインの感想を、自由に、素直に、思ったままに。
ゆるーくお届けしていきます。

  

今日のワイン

ピノ・ブラン2018 / 井筒ワイン

マル
マル
こちらです!飲みます!

マル
マル
雪の降る中、塩尻まで探しに行ったピノ・ブラン…
色調は淡いレモンイエローです。
うん、淡い。
香りはフレッシュな白桃とかリンゴがメインかな。
モーリー
モーリー
マル
マル
柑橘もあるけどね、メインは白桃とかだね。
あとは生のクルミとか、ちょっとヨーグルトっぽい香りも取れるかなぁ。
味わいは、酸っぱい!ってなるくらいの酸味と、飲み終わった後にじわっとくる苦みが特徴的。
マル
マル
うんうん。でも、飲んだ印象は「すっきり」っていうより「あっさり」って感じなんだよね。
そうだね、するーっと飲める。
暑い時期にはより美味しいだろうね!
モーリー
モーリー

  

まとめ

辛口の白ワインです。
外観はあわーーーいレモンイエロー。
フレッシュな白桃やリンゴの香りに、オレンジの花や生のクルミなどのニュアンスも。
開けたては煙のような香りがふわっと上がりますが、時間とともに感じられなくなりました。
口中がきゅっとなるほどに高い酸味と、間をおいてじわっと広がる苦み。
若干の固さは感じますが、デイリーワインとして楽しむにはピッタリのワインです。

  

総合評価

→  3(選択肢の1つとしてあり!)
この価格でこの味わい。さすがです。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・入手困難度を含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

 

こんな人におすすめ

▶︎酸味のあるワインが好きな人
▶︎1000円台の日本ワインを探している人
▶︎キリっと冷やしたワインをごくごく飲みたい人

  

詳細あれこれ

井筒ワインについて

昭和8年創業。
長野県・塩尻においてブドウの栽培・醸造を行い、塩尻および松本平産のブドウを100%使用した「土地に根差したワイン造り」を行う。
早くからヨーロッパのブドウ品種にも着目し、メルローやシャルドネなど、今日の主要品種の栽培にも成功。
国内外で高い評価を受けるワインを世に送り続けている。

  

ピノ・ブラン2018について

・税抜き 1,407円
・ピノ・ブラン 100%
・アルコール度数 13%

塩尻の自社農園および契約農家にて栽培・収穫されたピノ・ブラン。
元々赤ワインの産地で注目されている「桔梗ヶ原」。
その土地で優れた白ワインを造りたいという思いから、数年に渡り試行錯誤を重ねた結果、ピノ・ブランの特性である”若いうちから十分楽しめる親しみやすいワイン”を表現したワインが出来上がった。

 

マル
マル
ごちそうさまでした!

  

今日のワイナリー↓
ホームページ:井筒ワイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました