【2019→2020】ソムリエ教本変更点まとめ【南アフリカ】

マル
マル
こんにちは!
マルです。

本記事では、2019年と2020年の教本を読み比べて見つけた変更点をまとめています。
前回の【日本 -後編-】に引き続き、今回は【南アフリカ】です。

前回の記事はこちら
【2019→2020】ソムリエ教本変更箇所まとめ【日本 -後編-】

変更点や新しい記載からの出題は毎年多い傾向にありますので、しっかりチェックをしていきましょう。
今年ソムリエ試験を受験される方はもちろん、すでに資格を持っている方も、知識のアップデートのためにぜひご覧ください。

プロフィール

【追加】P103
以下の旨の記載が追加されました。

・1980年 ワイン評価ガイド「Platter’s Wine Guideプラッターズ・ワイン・ガイド」が発刊
…従来は5段階の星評価だったが、2019年度版からは100点満点でのポイントスコアを公開。
国際的な南アフリカワインの評価基準となっている。

・ボルドーの格付けを模した生産者の格付け(6段階)
…イギリスのワイン評論家で、マスター・オブ・ワインでもあるTim Atkinティム・アトキン氏が行う。

【変更】P104

《2018年度データ》
・ワイン生産量:8,243,000hℓ(-944,000hℓ)
・ワイン用ブドウ栽培面積:93,021ha(-2,524ha)
・ワイナリー数:542軒(-4軒)
・ブドウ栽培農家:2,873軒(-156軒)

干ばつの影響により生産量が1割減となっています。

歴史

P104 コンスタンシアに関する記載

【追加】

1685年:フォルス湾に面した渓谷をコンスタンシアと名付け、ブドウを植栽。(10代目総領事Simon van del Stel)サイモン・ファン・デル・ステル

1692年:ワインの生産開始
ステル氏の死後:コンスタンシアが3分割される
1726年 甘口ワインの輸出開始

プロセイン皇帝をはじめ、ヨーロッパの貴族の間で人気を博す。
ヴェルサイユ宮殿のセラーのコンスタンシアワインの数はブルゴーニュワインの数を上回った。

気候風土

【追加】P104

・ケープドクターの説明に加え、暑い夏の間も、インド洋からの冷たい風が地表を冷やすという記載

主なブドウ品種

P105 キャップクラシックについての記載

【追加】

・「キャップ・クラシック」(Méthode Cap Classique:MCC)
「プレステージュ」の準備を進めている(施行は早くても2021年ヴィンテージから)
…プレステージュ:シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエといった国際品種を使用し、36ヵ月瓶内熟成させたスパークリングワイン)

【変更】

・キャップクラシックプロデューサーズ協会加盟数:93ワイナリー(+21)
・2021年より、瓶内熟成期間を最低9ヵ月から最低12ヵ月に変更予定

P105 2018年度品種別栽培面積

【追加】

白ブドウの7位に「マスカット・ブラン」がランキングされました。
黒ブドウの順位は変化ありません。

ワイン法と品質分類

【追加】

・州域にフリーステイト州が追加

【変更】

・2018年オリファンツリヴァー地域からコースタル・リージョン地域に変更となった地区、小地区
ルツヴィル・ヴァレー地区クーケナップ小地区バンブス・ベイランバーツ・ベイ

西ケープ州

沿岸地域

P108 パール地区

【追加】

・小地区の追加:アフターパール

小地区は全部で3となりました。

ブレード・リヴァー・ヴァレー地区

P110 ロバートソン地区

【変更】

小地区の数:14(+5)

増えた地区名は最後の章で紹介していますので、そちらをご覧ください。

オリファンツ・リヴァー地域

【変更】

地区:2つ(-1)
小地区:3つ(-2)

・ブドウ栽培が多く行われる小地区:フレデンダル、スプルートドリフト
…大西洋の影響を受け、冷涼な北部

南アフリカワイン原産地呼称認定産地(2019年7月現在)

コースタルリージョン

追加地区

Lutzville Valley(ルツヴィル・ヴァレー)

追加小地区

スワートランド
Paardeberg(パールダバーグ)
Paardeberg South(パールダバーグサウス)

ルツヴィル・ヴァレー
Koekenaap(コーケナップ)

地区なし
Bamboes Bay(バンブス・ベイ)
Lamberts Bay(ランバーツ・ベイ)

ブレード・リヴァー・ヴァレー

追加小地区

ロバートソン
Ashton(アシュトン)
Godemoed(グーデムード)
Goree(ゴリー)
Goudmyn(ゴウドマイン)
Zandrivier(ザンドリヴィエ)

ケープ・サウス・コースト

追加地区

Lower Duivenhoks River(ロウワーディヴン・ホックス・リヴァー)

地域無し

追加小地区

地区無し
Leipoldtville-Sandveld(レイポッドヴィル・サンドヴェルド)
Nieuwoudtville(ニューウッドヴィル)

 

以上で【南アフリカ】の変更・追加点は終了です。
地区や小地区に追加や変更が多くみられました。
ページ数も少ないので、しっかり読み込んで覚えていきましょう。

次記事では【ドイツ】についてまとめていきます。

マル
マル
お疲れさまでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました