今日、なに飲む?【 LUNARIA PINOT GRIGIO / ORSOGNA WINERY 】

マル
マル
気兼ねなくごくごく飲めるやつです。
最高ですね。
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、飲んだワインの感想を、自由に、素直に、思ったままに。
ゆるーくお届けしていきます。

  

今日のワイン

LUNARIA PINOT GRIGIO / ORSOGNA WINERY

「ルナーリア・ピノ・グリージョ / オルソーニャ・ワイナリー」です。

マル
マル
こちらです!飲みます!

マル
マル
箱ワインなの。
ボトル換算すると4本分!
おおー。可愛らしいね。
ワインは淡いピンク色だけど、分類は白ワイン…なのか。
モーリー
モーリー
マル
マル
ピノグリージョを皮ごと醸してるから、色素が抽出されたんだね〜
見た目の色のイメージそのまま、ピンクグレープフルーツの香りがする!
あ、確かに。
味わいも酸味の穏やかなピンクグレープフルーツジュースって感じ。
モーリー
モーリー
マル
マル
喫茶店とかで出てきて、上にミントとか飾られてるオシャレなジュースだ!
美味しいからスイスイ飲んじゃう…
注ぐのも簡単だし、長持ちするし、箱ワイン素晴らしいね。
モーリー
モーリー

  

まとめ

辛口の白ワインです。
外観は落ち着いたあわーーいピンク。
お砂糖をかけたピンクグレープフルーツや、リンゴのキャンディのような、フルーティーであまやかな香り。
ミントのようなハーブの香りも感じます。
果実感が主体で、酸味がおだやか。
ナチュラルな造りですが、ネガティブな要素は感じません。
1ヶ月かけてチビチビ飲みましたが、最後までフレッシュ!でした。

 

総合評価

→ 5(常にキープしておきたい!)
家に常に置いてたい。お花見のときにも持っていきたい。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・入手困難度を含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

 

こんな人におすすめ

▶︎自然派が好きな人
▶︎気軽に飲めるワインを探している人
▶︎フルーティーなワインが好きな人

  

詳細あれこれ

オルソーニャ ワイナリーについて

30年も前から無農薬栽培を行う、イタリア・アブルッツォ州の生産者協同組合。
2005年からビオディナミ農法。(デメテールの認証取得)
ワイン造りにおいては人為的な行為を可能な限り排除。
亜硫酸の使用もごく僅か。
有機残留物であれ廃水であれ、ブドウの加工に由来するすべての副産物は、環境への悪影響が最小限に抑えられるように管理をしている。

  

ルナーリア・ピノ・グリージョ

・税抜き 4,300円
・ピノグリージョ 85% その他15%
・アルコール度数 13%
・樹齢 30年(平均)
・土壌 石灰
・標高 450〜500m
・12〜14度での醸し(30時間)
・発酵 ステンレスタンク(1ヶ月)
・熟成 ステンレスタンク(4〜8ヶ月)

「ルナーリア」という名前は、ビオディナミ農法において大切な存在の「ルナ(月)」から。

  

マル
マル
ごちそうさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました