今日、なに飲む?【 くらむぼんマスカット・ベーリーA / くらむぼんワイン 】

今日のワイン、ラベルが本気で好みです。
ジャケ買いでしたもんね。
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、飲んだワインの感想を、自由に、素直に、思ったままに。
ゆるーくお届けしていきます。

 

今日のワイン

くらむぼんマスカット・ベーリーA / くらむぼんワイン

マル
マル
こちらです。

マル
マル
んー!やっぱり素敵ラベル!
好きそうなテイストだね。
ワインの色調は紫がかったチェリーレッド…かな。
モーリー
モーリー
うんうん、きれいな色だね~!香りは熟したブルーベリーとか、リコリスとか。
ほんのり黒コショウも!
ピッチピチのマスカット・ベーリーAっていうよりは、しっとり。
温度上がるとスミレの華やかな香りが分かるね。
モーリー
モーリー
きれいな果実味と酸味!
タンニンは穏やかだね。
煮物とか根菜とか、日本の食事にばっちり合いそう。

 

まとめ

外観は紫がかったチェリーレッド。無濾過ですが、落ち着きがあってきれいです。
熟したブルーベリーやラズベリーなどの果実にリコリスやブラックペッパー。
温度が上がるとスミレやグレープキャンディの香りも。
酸味はややしっかりですが、タンニンは穏やか。とがったところがありません。
やさしいワインです。

 

総合評価

→ 3(選択肢の1つとしてあり!)
   しっとりしたマスカット・ベーリーA。日本の家庭料理に寄り添ってくれますね。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・手に入れやすさを含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

 

こんな人におすすめ

▶︎優しさに飢えている人
▶︎自然派ワインが好きな人
▶︎赤ワインに苦手意識を持っている人

  

詳細あれこれ

くらむぼんワインについて

1913年創業。山梨県勝沼の祝地区にあるワイナリー。
現在の代表は、ブルゴーニュで栽培・醸造を学び、現地の醸造学校も卒業した野沢たかひこさん。
人間と自然の共存を願った宮沢賢治の思想に共感し、2014年に社名を「山梨ワイン」から「くらむぼんワイン」に変更した。
(くらむぼん:宮沢賢治著「やまなし」で蟹が話す言葉)
土地が持っている本来の個性をなるべく残したいという考えから、2007年からは自社畑を自然栽培にシフト。(化学農薬・殺虫剤・肥料の不使用、不耕起)
酵母もブドウの果皮に付く土着の酵母を使用し、濾過も最小限度に。

 

くらむぼんマスカット・ベーリーAについて

・税抜き 2,296円
・アルコール 13%
・マスカット・ベーリーA
・発酵:ステンレスタンク(3週間)
・若干のセニエ有
・熟成:樽(6ヵ月)
・無濾過
社名である「くらむぼん」がブランド名となっているヴァラエタルワインシリーズ。
マスカット・ベーリーAは魚がラベルのモチーフ。
他に「蟹」「やまなし」「かわせみ」「樺の花」がラベルのモチーフのワインもある。

私たち”くらむぼんワイン”は人間が機械的にワインを製造するものではなく、ブドウがワインになるのを職人が手助けしていくものと考え、より自然な味わいのするワイン造りを目指しております。
※くらむぼんさまHPより

 

マル
マル
ごちそうさまでした!

 

今日のワイナリー&ワイン↓
くらむぼんワイン


コメント

タイトルとURLをコピーしました