今日、なに飲む?【 天地人 Pinot Noir / Lou Dumont 】

マル
マル
神に認められたお方のワインです。
神様に!?
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、飲んだワインの感想を、自由に、素直に、思ったままに。
ゆるーくお届けしていきます。

   

今日のワイン

天地人 Pinot Noir / Lou Dumont

「天地人ピノ・ノワール / ルー・デュモン」です。

マル
マル
こちらです!

マル
マル
おお…!ラズベリージャム…!
香り豊かだね。火の入った赤い果実に、丁子とかシナモンとか。
モーリー
モーリー
マル
マル
ほんのりメントールも!
わ~ 飲んでも想像通りのジューシーさ!
うんうん。酸もしっかり高いレベルであるけど、果実味のボリュームとのバランスがとれてるね。
モーリー
モーリー
マル
マル
逆にタンニンはやわらか。ほのかな樽香が深みを与えてくれてる気がする~。
これは渋みが嫌いなひとでもおススメできそう!
モーリー
モーリー

  

まとめ

外観は紫が抜けた濃いラズベリーレッド。
グラスに注いだ瞬間からふわっと豊かな香りが。
赤い果実のジャムに、甘苦系のスパイスやローストカカオ。
ほんのりスーっとするような、メントールの香も感じます。
味わいはボリューミー。それでいてクリーンでピュア。
果実味をしっかり楽しめる、ふくよかボディのワインです。

  

総合評価

→ 3(選択肢の1つとしてあり!)
   強すぎない赤がいいな~値段もお手頃で~というわがままに完全対応。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・手に入れやすさを含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

  

こんな人におすすめ

▶︎軽すぎるワインじゃものたりない人
▶︎仲田さんのプロフェッショナルを見た人
▶︎渋みのしっかりしたワインが苦手な人

  

詳細あれこれ

ルー・デュモンについて

2000年、七夕。
ブルゴーニュで誕生したネゴシアン。
2003年には、自社の醸造所をジュヴレ・シャンベルタンに開設。
そのお披露目パーティーのスペシャル・ゲストとして招かれた「ブルゴーニュの神様」アンリ・ジャイエ氏が、仲田さんのワインを大絶賛。
ルー・デュモンが『神様が認めたブルゴーニュ』となる。
2008年には自社畑も入手、醸造所に併設した自社カーヴも取得。
ビオロジックを採用してブドウを栽培。
細部にまでこだわりつくす仕事への執念は日本的、職人的と評価が高い。
「プロフェッショナル—仕事の流儀-」や「神の雫」で取り上げられた、いまや世界的に有名な日本人生産者の1人。

  

天地人ピノ・ノワールについて

大のジブリファンである仲田さんとのスペシャルコラボレーションが実現。
「スタジオジブリ」のプロデューサーであり書家としても活躍中の鈴木敏夫さんがラベルを手がけ、トトロモチーフの落款は宮崎駿さんがデザイン。
・税抜き 1,900円(筆者購入時)
・標高500m
・粘土石灰質土壌
・平均樹齢25年
・アルコール発酵:ステンレスタンク
・熟成:ステンレスタンク50%、樽50%(内、新樽10%)にて約6ヶ月

 

自分の仕事をどこまで突き詰めていいものが出来るのかという、
それが究極にやっていける人。
その為には、情熱なり愛情なりを持ってないと、出来ないと思います。
※プロフェッショナル-仕事の流儀-より

 

マル
マル
ごちそうさまでした!

  

今日のワイン↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました