今日、なに飲む?【サンサエステート 柿沢シャルドネ ネイキッド2018 / サンサンワイナリー】

マル
マル
今日は散々だ!って日もサンサンになります。
ダジャレですか。
モーリー
モーリー

本記事では、
ワインメーカー兼ソムリエのマルと、ワインメーカー兼ワインエキスパートのモーリーが、
飲んだワインの感想を、自由に、素直に、思ったままに。
ゆるーくお届けしていきます。

 

今日のワイン

サンサエステート 柿沢シャルドネ ネイキッド2018 / サンサンワイナリー

マル
マル
こちらです!

マル
マル
んー!ハイレモンの香り!
あ〜、なるほど。
俺はハチミツレモンだと思った。
モーリー
モーリー
マル
マル
カモミールみたいなフローラルさもあるね〜!
飲むとなめらか。とろっとした舌触り。
確かになめらかだね。やわらかい印象。
あとは…なんだろう、飲んだあとに残るフレーヴァーが薬箱っぽいというか。
モーリー
モーリー
マル
マル
薬箱な!歯医者さんの香りな!
これは気になる人と気にならない人、ぱっくり分かれそう。
人によって感じ方はそれぞれだもんな…。
このボトルのコンディションの可能性もあるしね。
モーリー
モーリー

 

まとめ

外観、輝いてます。イエロー。
開けたてのフレッシュな柑橘の香りから、温度が上がるにつれてパイナップルのようなトロピカルフルーツへ。
カモミールのような、フローラルでやさしい香りも。
酸味は穏やかで、なめらかな口当たり。濃厚すぎない、だけど丸い。
アフターにしっかりミネラル感が残ります。
歯医者さんで口ゆすいだときのあの感じも。

抜栓2日目:大きな変化はありませんでした。

 

総合評価

→ 3(選択肢の1つとしてあり!)
   キレッキレなワインに疲れたときに飲みたい。

※味わい・価格・飲んだシチュエーション・手に入れやすさを含めた個人的な5段階評価です
5(常にキープしておきたい!)
4(見かけたら買う!)
3(選択肢の1つとしてあり!)
2(探してまでは買わないかも)
1(もういいかな…)

  

こんな人におすすめ

▶︎酸味の少ないワインが好きな人
▶︎ハイレモン好きな人
▶︎なんとなく疲れてる人

  

詳細あれこれ

サンサンワイナリーについて

「次世代の子供たちに残したい美しい環境を育む、社会に優しいワイナリーをつくる」
名古屋市に本部を置く社会福祉法人サン・ビジョンが6次産業化法に基づく事業計画の認定を受け、2011年に畑を整備し2015年にワイナリーを設けたサンサンワイナリー。
標高約840〜865m。長野県塩尻と諏訪市を結ぶ中山道の峠道に位置。
ガラス越しに見学可能な醸造棟の隣りにはショップやレストランも併設。
責任者の戸川英夫さんはワイン造りに携わって半世紀になる大ベテラン。
マンズワインの工場長や、山辺ワイナリーの製造顧問、安曇野ワイナリーの工場長などを歴任。
工場内は完全土足厳禁。瓶詰め担当は非喫煙者。
室内の気圧調整による虫の侵入阻止など、徹底した衛生管理を行う。

  

サンサエステート 柿沢シャルドネ ネイキッド2018ついて

・税抜き 2,500円(750ml)
・シャルドネ 100%(自社農園ブドウ)
・アルコール度数 11.0%
・ネイキッドとは「飾らない」や「ありのまま」の意味
・樽熟成などは行わず、サンサンヴィンヤードのポテンシャルを表現

ワイン造りで最も大切にしたいのは、ブドウが育つその土地が持つ特性です。
微妙な土地の違いがブドウの個性となり、やがてワインの味わいに表現されます。
その土地の特性を最大限に活かすこと。
これが私たちのワイン造りの基本的な考え方です。
※サンサンワイナリーさまHPより

マル
マル
ごちそうさまでした!

  

今日のワイン↓

長野県塩尻市 サンサンワイナリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました