about ME & マルとワイン

マル
マル
こんにちは。
マルです。

現在27歳のソムリエ兼ワイン醸造家(見習い)です。

ワインが大好きで、飲み手から売り手へ、
そしていまは造り手としてワインに携わっています。

わたしについて

過去の経歴

22歳からワインを飲み始める→京都のワインショップや飲食店・ワインスクールで働きながら24歳でソムリエ資格取得→ソムリエ業の傍ら、自分のワインを造ることを目標に現在長野県のワイナリーで修行中。

発信している媒体

Twitter(@maru_hum)
・ブログ(当サイト)

上記の通りです。

当サイトのコンセプト

1.ワインの飲み手(消費者)のレベルアップ
2.ワインの造り手(生産者)のバックアップ

ワインを軸に、この2つです。

ワインの飲み手(消費者)のレベルアップ

まず1つめ。
レベルアップ、と書きました。
言葉のイメージ通り、ゲームでレベル上げのために経験値を積んでいくような感覚で
楽しく知識を吸収できるような情報共有の仕方を模索していきたいと思っています。

なぜなら、ワインは自分のレベルがあがることで、よりおいしく楽しめる液体だからです。
1を知れば、必ず1以上の価値がある「おいしい」を経験できる。

ワインを知らない、飲んだことのない人にも届くように。
まずは知ってもらうこと。
そして次に大事なのは、楽しくて、おいしいこと。

ワインの造り手(生産者)のバックアップ

そして2つめ。
バックアップ、です。
これは、わたしが実際にワイン造りの現場に飛び込んで身をもって感じた問題解決のための「内側からの発信」です。

たとえ高品質なワインを丁寧に造ってもそのワインの価値を丁寧に伝えていく術を持っていない小規模ワイナリーは非常に多いです。
これは逆もまた然りで、どんなに酷いブドウ・造り方をしていてもある程度売り方が上手であれば、それが良しとして市場に多く出回ってしまう。

するとどうなるか。

品質の悪いワインが消費者に届きやすくなる→「ワインって美味しくないね」と言われてしまう→飲み手がいなくなる→高品質なワインも売れなくなる。

飲み手も造り手も売り手も、誰も幸せにならない、まさに悪循環です。
この悪循環を起こさない為にも、そして日本のワイン産業・ワイン文化がもっともっと発展・浸透していくためにも、正しい知識と経験をもとに「内側から」発信をしていく、ということを行なっていきたいと思います。

とはいえ、現状はただのお酒日記としてしか機能していません。
地道にこつこつ頑張ります。

最後に個人的なプロフィール

1992年3月生まれ。O型。
J.S.A認定ソムリエ
現在長野県・楠わいなりーで修行中。

6年経っても懐かないヒョウモントカゲモドキと暮らしています。

休日は
ワイナリー訪問、
酒屋さんめぐり、
温泉でのんびり、してます。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました